幸福度を上げることでも、うつや過食が改善されます。幸福度をあげる方法①

ひきこもり

幸福度を上げることでも、うつや過食が改善されます。幸福度をあげる方法①

幸福度を上げることでうつや過食は改善されます【幸福度を上げる方法】

普段の生活の中で、うれしい事や幸せな事があった時、うつや過食になる事は少ないと思います。

人間は幸せを感じると、オキシトシンというホルモンが出るため、うつや過食になりにくくなります。

オキシトシンとは

オキシトシンとは「幸せホルモン」と呼ばれるホルモンです。オキシトシンが増えると良い事がたくさんあります。

オキシトシンが分泌されると現れる効果

  • 脳や心が癒されてストレスが減る
  • 不安や恐怖心が和らぐ
  • 幸せな気持ちになる
  • 自律神経が整う
  • 信頼感が増す
  • 親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
  • 新しい事に調整したいなどの好奇心が強まる
  • 免疫力が上がる
  • 心臓の機能があがる
  • 便秘が解消される
  • 記憶力が向上する

ざっと上げただけでも良い効果がたくさんある事がわかります。

メンタルの安定にもかなり貢献しますから、うつや過食が減る理由もわかります。

オキシトシンを分泌するには

毎日オキシトシンがたくさん分泌されれば、うつや摂食障害は改善され、身体も健康にもなるという事になります。

では、大事なのはオキシトシンをたくさん出す方法です。

結論から言うと幸せを感じる事です。

 

今、自分が幸せを感じる事はありますか?。

例えば

  • 好きな人と一緒にいるとき
  • 上司に褒められたとき
  • 友人と笑いあっているとき
  • おいしいものを食べているとき
  • 綺麗な景色を見ているとき

自分が幸せに感じる事で、すぐにできる事があればやってみてください。

可能であれば毎日意識的に行って、オキシトシンをたくさん出してください。


ですが、うつや摂食障害、引きこもりの方はすぐに幸せを感じる事が出てこないかもしれません。

その対策を次に書いていきます。

うつや、摂食障害、引きこもりの人があまり幸せを感じられない理由

昔は幸せに感じた事が、今は思えない、とか

幸せに感じられる事はあるけど、今は外に出られないし出来ないとか、

痩せないと幸せなんて感じられない、とか

自分の幸せに感じる事はお金のかかる事だから毎日できない、などあるかもしれません。

そもそも今幸せだと思う事がない。という人もいると思います。

 

でも、そう思う事は当然なんです。

それは、セロトニンが不足していると、幸せを感じにくくなってしまうからです。

まずはセロトニンを増やす事も大切ですが、簡単に幸福度を上げる方法があります。

簡単に幸福度を上げる方法

それは感謝をする事です。

簡単に幸福度を上げる方法は他にもいくつかありますが、今回は感謝についてお話していきます。

感謝をする事は毎日できます。お金もかかりません。外へ出る必要もありません。

それでいて効果は絶大です。

 

感謝をする事のすごさ

『なんだ、感謝をする事か、そんなのわかってるよ』と思った方は、はっきり言ってわかっていません。

本当にわかっている方はそんな風には思わないからです。

感謝をする事は、相手を喜ばせる事ではなく、自分が幸せになれる事なんです。

感謝をするとオキシトシンが分泌します。

日常生活でどんどん感謝をしてみてください。

具体的に感謝をする事とは。

そんな事言われてもピンとこない、できない、という方に向けて、感謝についてもっと掘り下げていきます。

あなたが今生きている生活の中には、当たり前だと思っているけどすごい事がたくさんあります。

 

例えば、今はこころを病んでいるけど、身体は健康だという方。

身体が健康な事って本当にすごい事なんです。

 

私は子供を産んで、心からそう思いました。

同じお子さんを持つ方ならわかると思いますが、そうではない方も含め、読んでもらえると嬉しいです。

 

妊娠をしてから産まれてくるまでの約10か月、赤ちゃんが健康に産まれてきてくれるか、本当に心配でした。

妊娠中に私の血圧が高くなってしまったり、太りすぎる事で赤ちゃんに危険が及ぶんです。

さらに、妊娠中はつわりがあったり、太りやすかったり、血圧も上がりやすい状態で、自己管理が本当に大変でした。

定期的な妊婦検診でも、先生の反応が少しおかしいだけでも心配になるんです。

【健康に産んであげられなかったらどうしよう。産まれてきて何か異常があったらどうしよう】

お腹にいる10か月、こんなに自分の体を大事にした事はありませんでした。

 

産まれたときは【よかった、無事に産まれてきてくれた】と安心とうれしさで涙がでました。

 

でも、これで安心が終わるわけではないんです。

 

産まれた後も異常がないか、成長におかしなところがないか、定期的に検診があります。

少しでも遅れがあったり、おかしなところがあると、本当に母親って不安で不安で仕方がないんです。

わたしの子供はまだ小さいですが、

この先も大きな病気やけがをしない事、健康に元気に育ってほしいとばかり願っています。

綺麗事でもなんでもなく、健康に産まれてくる事って本当にかけがえのない事なんです。

 

私はうつや摂食障害、ひきこもりにはなりましたが、今まで大きなけがや病気をする事なく、体は本当に健康でした。

私の母は、昔から重度のうつ病で、家にずっと引きこもっていました。

そんな母をあまり好きにもなれず、尊敬もできませんでした。

ですが、酷いうつの中、私を健康に産んで育ててくれた事は本当に大変だったと思います。

今では心から尊敬し、感謝する事ができています。

 

まず、当たり前の事に感謝してみる

まず、ご両親や、育ててくれた方に感謝をしてみてください。

一人の子供を育てるって本当に大変な事なんです。

自分が体験するまで思いもしませんでした。

 

良いご両親ではなかったかもしれません。

感謝の言葉もすぐには出ないかもしれません。

ですが、感謝の手紙を書いてみてください。

実際に出さなくてもいいです。

すこし時間をつくって、真剣に考えてみてください。

 

ばかばかしいと思う方も、なんとなくわかると思っても行動に移さない方も

実際に時間を作って真剣にやってみてください。

実際に行うと、思っていた事とは違う気持ちになるはずです。

克服に一番大事な事は、行動する事です。だまされたと思ってやってみてください。

 

そして、手紙が書けたら、ご本人にも感謝の気持ちを伝えてください。

もちろん、書いた手紙を渡しても良いと思います。

日常の当たり前の事に感謝する

できれば毎日、日常の当たり前な事に感謝する習慣をつけるといいと思います。

身の回りにいる家族、友人、恋人、同僚、上司、感謝してみてください。

日常には感謝する事があふれています。

細かく言えば冷蔵庫や洗濯機がある事にも感謝ですよね。

なければ生活がすごく不便です。

そんなレベルの、当たり前でもいいんです。

  • 朝起きて学校や会社に行ける事
  • 掃除やご飯を作ってもらっている事
  • 養ってもらっている事
  • 家族がいる事
  • 友人がいる事
  • 寝る場所がある事
  • 食べる事ができる事

自分自身にとって当たり前でも、他の人から見たらうらやましいと思う事ってたくさんあると思うんです。

できれば毎日、今の環境や周りの人に感謝をしてみてください。当たり前ではないんです。

そして、できるだけありがとうと伝えてみてください。

ありがとうと伝えて喜ばない人はいませんよね。

相手の喜んだ顔を見たら幸せになりませんか?

オキシトシンが出た証拠ですね!

ごめんなさいよりありがとう

普段、何かをしてもらったとき、つい

『すみません』とか『ごめんなさい』と言いがちですが

ありがとうと感謝を伝えるようにするだけでも変わりますよ。

 

 

幸福度を上げる方法②についてはこちらです

幸福度を上げると、うつや過食が改善されます。幸福度をあげる方法②

まとめ

  • 幸福度が上がるとオキシトシンが増える。
  • オキシトシンにはうつや過食を防いでくれるなど、良い効果がたくさんある。
  • 毎日お金もかからず、外へ出る事もなく、幸せを感じる事ができる簡単な方法は感謝をする事
  • 当たり前の事を感謝するだけで満たされるようになる。
  • 日常生活で『すみません』より『ありがとう』と伝える様に意識する。

 

この記事の音声動画

このブログ記事の音声バージョンです。

文章より耳で聞く方が頭に入る方は、こちらを使ってみて下さい。

何か作業を行いながら聞いていただいてもわかるようになっています。

youtubeチャンネル→チャンネル登録をしてもらえると嬉しいです

こちらからどうぞ

 

幸福度を上げることでうつや過食は改善されます【幸福度を上げる方法】

コメント

タイトルとURLをコピーしました