食べてはいけないものを減らしていくだけでも過食は減っていきます。

精神(メンタル)改善

食べてはいけないものを減らしていくだけでも過食は減っていきます。

 

ダイエットをしている方や、摂食障害の方には必ず、【普段の生活で食べてはいけないもの】があると思います。

それらの食べてはいけないものが多ければ多いほど過食のリスクは増えます。

そして、過食のリスクだけではなく、人生の楽しみが減ってしまいます。

例えば、友人や大事な人との食事を心から楽しめていますか?

旅行へ行って各地のおいしい食べ物を心からおいしいと食べられていますか?

旅行そのものが過食で台無しになっていませんか?

外食や旅行が過食に繋がるのではと不安になり、行きたいのにあきらめることはありませんか?

 

そうでなければ良いのですが、もし心から楽しめないのであれば改善する必要があります。

一生外食や旅行が楽しめないのは嫌ですよね。

この先の人生を楽しむためにも食べてはいけないものを減らしていく必要があります。

食べてはいけない物が多いほど過食のリスクは高まります。

摂食障害の方には食べて良いもの、だめなものが色々あると思います。

私はたくさんありました。

食べてはいけないものは主に
甘いもの、菓子パン、ケーキ、お菓子、揚げ物など

食べてもいいけど、抵抗があるもの
ご飯、パン、めん、脂肪の多いお肉や魚、栄養補助食品系のお菓子など

安心して食べられるもの
大豆製品、野菜、こんにゃく類、脂肪の少ない肉や魚など

大きくわけるとこんな感じでした。

そして、食べてはいけないものを食べてしまうと高確率で過食しました。

過食の原因

過食がなぜおきるのか、簡単にお話しします。

①精神的な原因

説明をするまでもないと思いますが、食べてはいけないものは太るものです。

太るから食べてはいけないと毎日我慢しています。

それを口にしてしまうと罪悪感がうまれます。

どうにか調整しようと頑張りますが、後悔やら焦りなどで気持ちがモヤモヤし、強くストレスを感じます。

そうなると「もう今日はどうでもいいや」と過食をしてしまいます。

ダイエットのリバウンドと同じですよね。

これが精神的な原因です。

②体と脳の問題

また、食べてはいけないものはほとんど糖分や脂肪分の高いものだと思います。

普段の食事が拒食ぎみで、体が常に飢餓感を感じていれば、手っ取り早くエネルギーになるものを脳と体は求めます。

脳と体は常に糖分や脂肪分の高い「食べてはいけないもの」を求めていますから、頭の中はその食べ物でいっぱいです。

そんな状態でも太りたくないので必死に我慢しますよね。

ですが、常に頭の中にある食べ物を我慢することは、とても難易度の高いことだと思いませんか?

それでも我慢して我慢して、限界まで頑張って耐えます。

ですがついに我慢ができなくなったとき、体はおそらく空腹で低血糖の状態です。

そこに糖分の高い、甘いもの等を食べれば、一気に血糖値は上がり、体はもっともっと!と求めます。

この精神的な問題と、体と脳の飢餓感、血糖値の急上昇が過食を引き起こします。

過食は自分の意志ではどうにもならない

なんども繰り返しますが、過食は自分の意志でどうにかなるものではありません。

体や脳が求めていることですから自分の意志で止められないのは当たり前です。

まずは、過食をした後に自分を責めることをやめましょう。

そのエネルギーを過食を防ぐ方法に使います。

過食を防ぐには

過食を防ぐには下記の4項目を意識するようにします。そうすれば自然に過食は減っていきます。

●普段の食事を増やし、体の栄養状態をよくする。

●血糖値が安定する食べ方を心がける。(★血糖値について、詳しくはこちら)

●食べてはいけないものを減らす。

●痩せ願望をなくす。(自己肯定感を高める

食べてはいけないものはない

はじめにお話ししたように、食べてはいけないものが多いと、過食が増えるだけではなく、人生の楽しみも減ってしまいます。

そもそも、食べて良いもの、ダメなものはありません。どんな物もたくさん食べれば害がありますし、適量なら害はありません。

ケーキやお菓子、菓子パンには、ほとんど栄養はありませんが、心が満足する食べ物です。当然大量に食べれば体に良くありませんが、適度に適量食べることが幸せや楽しみにつながります。これを禁止してしまうと、お祝い事につきもののケーキが恐怖になりますよね。そうなると、お祝い事も恐怖になってしまいます。それは悲しい事です。

心が満足しない食事ばかりしていても満たされません。

ただし、摂食障害の方がそのように食べられるようになるには少し時間がかかると思います。

ですが、あきらめないでほしいのは、私も昔はそれらを食べると、ほぼ過食にしかなりませんでした。

適度に食べられることなど一生ないと思っていました。それでも今はちゃんと食後のデザートも幸せに食べられています

外食や旅行でも、食べたいものを楽しんで食べています。

食べてはいけないものをなくしていくと過食が減るとともに、人生の楽しみも増えます。

とても大事なことだと思います。

食べてはいけないものを減らしていくトレーニングについてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました