摂食障害とうつを克服するのに、こころと身体、どちらも改善する必要がある理由

はじめに

摂食障害とうつを克服するのに、こころと身体、どちらも改善する必要がある理由

摂食障害とうつを克服するのに【こころと身体】どちらも改善した方がいい理由
ご視聴いただきありがとうございます。 私は10年以上摂食障害、うつ、引きこもりを経験しました。 現在は克服し、その体験談を発信しています。 この動画は音声のみで理解できるようになっています。 何か作業を行いながら聞いていただいても大丈夫です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ★ブログも運営しています 摂食...

私は、摂食障害とうつを克服するためには、

こころとからだ、どちらも改善していく必要があると思っています。

 

このブログでも、メンタル面と体の健康面

どちらの側面からでもアプローチできる方法を書いています。

 

今回は、その理由についてお話していきます。

なぜ、心と体、どちらのケアも必要なのか

こころと、身体、どちらのケアも必要な理由は

簡単に言うと『心と体はつながっているから』です。

 

例えば、頭が痛いとイライラしますよね。

イライラしていると、日常生活にも支障をきたします。

 

誰かに八つ当たりをしてしまったり、

仕事や勉強がはかどらなかったり

イライラしたことで自己嫌悪に陥ったり、

それらが原因でうつや過食になることもあります。

 

このイライラの原因は【頭痛】ですが、

イライラしたせいで、過食やうつにもなりえます。

 

もしも頭痛が定期的に起きる人なら、それだけでうつや過食のリスクが高まることになります。

 

それを防ぐには頭痛をどうにかするしかありません。

 

このように、身体の影響はメンタルにも大きな影響を与えます。

こころとからだは間違いなく繋がっているんです。

【メンタルヘルス】と言うけど、影響はメンタルだけではない

摂食障害やうつは、メンタルヘルスというカテゴリに入りますが

影響はメンタル面だけではありません。

 

例えば、

メンタルヘルスとは、切っても切れない【ストレス】ですが、

 

たくさんのストレスがかかったことで、うつ病や摂食障害になることもありますし、

うつや摂食障害になったことで感じるストレスもたくさんありますよね。

 

このストレスが与える影響は、メンタルが主にピックアップされがちですが、

身体にもたくさんの影響を与えます。

 

ストレスが与える影響はたくさんありますが、

そのうちの一つに、自律神経を乱すことがあげられます。

 

自律神経は、血液や呼吸、内臓などといった、

私たちが意識せずとも動いている部分を、

正常に動かし、健康を保ってくれる神経のことです。

 

ストレスによってこの自律神経の乱れが起きることで、

私たちの内臓などが正常に動かなくなっってしまいます。

 

その結果、便秘や、頭痛、腹痛、無気力感、だるさと言った、

体のあらゆる部分の不調が起きるようになります。

 

さらに、自律神経が乱れていることが原因で、

季節の変わり目にうつ状態がひどくなる原因にもなります。

 

ストレスと、自律神経については詳しく説明をすると、とても長くなってしまうので、

それぞれ別の記事で詳しく説明をしています。

こちらから読んでみて下さい。

ストレスのとらえ方を変えて楽に生きる方法

季節の変わり目に、うつ症状や過食が、特にひどくなる方の原因と対策法7選

 

ストレスだけを見ても、このように体とこころの両面で幅広く不調を起こしています。

 

さらに、摂食障害やうつとなると、

 

●拒食期間に絶食に近いことを繰り返すために、栄養が不足している

●嘔吐や下剤の乱用で内臓や腸に負担がかかっている、

●過食の繰り返しで糖質や脂質を摂りすぎる。ビタミン、ミネラル、タンパク質が不足する。

また、胃腸にも負担をかける

●うつ状態でまともな食事を摂れなかったり、不眠が続いてまともに寝られていないetc…

 

こういった健康面に良くないことを繰り返し行っているんです。

 

このことからも、心と体、両面からアプローチをする必要があるんです。

まずは、体の健康から取り戻す

私は、摂食障害やうつを克服するのであれば、

まずは体の健康を取り戻すことから始める方が、効率が良いと思っています。

 

それは、

風邪をひいたときに仕事や勉強は集中して行えませんよね。

同じように、身体が健康でなければ、心の問題に集中して取り組めないからです。

 

具体的に説明をすると

常にだるさを感じている摂食障害、うつを患っている方がいるとします。

『このだるさはメンタルから来ているものだ』と思いがちですよね。

 

でも実は、このだるさの原因は内臓の不調から来ているものでした。

病院で内臓の疾患が判明し、治療を行ったことでだるさがなくなりました。

 

その結果、自分のこころと向き合う事も億劫ではなくなったので、克服の道が楽になります。

 

もしも内臓の疾患に気づかなければ、

ずっとだるさを抱えたまま、何をするにも億劫でつらい状態が続きます。

 

初めにお話をした、頭痛が原因でイライラしていることもそうですね。

 

こういった、身体の不調が原因で起きている不具合を無くすためにも、

まずは体を元気にすることが必要だと思うんです。

 

もちろん、摂食障害やうつが改善されなければ、

体の不調を完全に治すことは難しい事もあります。

 

それでも、今、どこかに身体の不調があるならば

治すことで、うつや摂食障害の克服に良い影響を与えてくれることはたくさんあります。

まずは病院で一通り検査をしてみて下さい

まずは健康診断で体の隅々までしっかりと調べてください。

 

昔の私がそうだったのですが、

摂食障害やうつ状態で食事や運動がきちんとできていないと、

心のどこかで

『自分の身体はどこかおかしくなっているかもしれない』という不安を抱えていたりします。

 

自分の心の問題で精一杯なため、

身体の問題にまで目を向けるのが怖いのはわかります。

ですが、克服するためにも一度しっかりと検査を受けてみて下さい。

 

私は長い拒食の影響で、生理が止まってしまった期間があります。

当時は、その異常に気付いていたものの、怖くて病院に行くことが出来ず1年近く放置してしまいました。

 

ですが、しっかり健康診断を行い、何の異常もなかった時は

ずっと引っかかっていた小さなモヤモヤが取れた気がしてすっきりしたことを覚えています。

 

同じように、何か引っかかっていることがある方は、病院で一通り検査を受けてください。

 

会社や自治体で健康診断が受けられる方はすぐに利用してみてください。

また、そういったことがわからない方は

最寄りの内科へ行って、

『摂食障害やうつで身体が心配だから一度検査をしたい』と言えば、対応をしてくれると思います。

 

私の場合は、摂食障害で初めて診てもらった病院が総合病院の中に入っている精神科でした。

そのため、先生の方から検査をするよう勧められました。

血液検査や尿検査を行い、一通り診てもらうことが出来ました。

病気を怖がらなくても大丈夫

心に引っかかっているけど、大きくない問題は、人間誰でも目を背けて放置しがちです。

ですが、そういった小さな不安も、積もり積もって心のモヤモヤとなり、

うつや過食の原因になったりします。

早く解決することで、不安が一つ消えるなら大きな事だと思いませんか。

 

関連記事

こころがモヤモヤして晴れない時や、不安や心配事が離れない時の対処法

 

身体に異変が見つかったらどうしよう

大きな病気だったらどうしよう

治療にお金がかかったらどうしよう

 

このような不安を感じる気持ちはわかります。

でも、そういった不安は、実際に起きてから考えましょう

 

あやふやな今の状態では何の対策もとれません。

 

もしも何かの病気が見つかったら、

インターネットで調べれば、同じ病気の人の体験談がたくさん見られるはずです。

治療方法や、詳しい症状も、調べてひとつひとつ不安を解消していけばいいんです。

 

仮に大きな病気でも、今は医療が進んでいます。

癌ですら、薬や通院治療がメインになっている時代です。

それこそ、早期の発見であれば、簡単な治療で終わることもあります。

そのためにも、早く検査をして診てもらうことが必要です。

 

治療にお金がががることが不安な場合、行政機関に相談してください。

今のあなたの状態に最適な制度を紹介してもらえるかもしれません。

 

仮に入院することになっても『高額療養費制度』というものがあります。

これは、医療費が高額になっても、上限を設けて負担を抑えてくれる制度です

 

くわしくはこちらのサイトを見てみて下さい

高額医療費制度とは

 

このような制度が、日本にはたくさんあります。

調べることが億劫であれば、自治体へ問い合わせて聞いてみて下さい。

 

このように、

実際にこういった状況に直面した方が

具体的な解決策が見つかり、気持ちがすっきりしていくものです。

 

今は、はっきりした問題がないだけに、

あいまいで莫大な不安を抱えている状態です。

そのため、解決策も見当たらず不安だけを感じています。

こういった状態は、うつや過食を誘発するだけであまり良い状態ではありません。

 

これを解決するには、一刻も早く病院で自分の身体を診てもらう事です。

病気でなければ自分のできることから始める

検査の結果、何か体の異常が見つかれば

お医者さんの指示に従い、まずは体を治すことだけに集中してください。

 

体の不調が治るだけで、うつや摂食障害にも良い影響があるかもしれません。

 

もし、身体に不調がない場合、

まずは、セロトニン対策から始めてみると良いと思います。

セロトニン対策も、身体の調子を整えることで、メンタルが向上していく方法です。

 

そのほかにも、不眠対策、ストレス対策、食事法の改善や、腸を整える方法などがあります。

自分に合いそうな方法の中から、

今の自分ができそうなことから少しづつ始めてみて下さい。

 

【摂食障害】セロトニンを増やす【うつ病 克服】

タンパク質を摂らないとうつや過食のリスクが上がります

【冬季うつ対策】光療法について【曇りや雨の日にも】

睡眠不足を改善することで、摂食障害やうつ病の改善にもつながります。

うつ病や摂食障害と腸内環境の関係【メカニズムと対策法】

その過食の原因は血糖値が関係しているかもしれません

摂食障害を克服するうえで大事な食事メニュー

摂食障害を克服するためには【基本的なこと】を改めて思い出してください

摂食障害やうつ病を克服したいけど、何から始めていいかわからない方

私が糖質制限ダイエットを行わない理由【摂食障害とうつとの関係も】

【摂食障害】運動がもたらす効果と、習慣化する方法【うつ病 克服】

 

この記事の音声動画

このブログ記事の音声バージョンです。

文章より耳で聞く方が頭に入る方は、こちらを使ってみて下さい。

何か作業を行いながら聞いていただいてもわかるようになっています。

youtubeチャンネル→チャンネル登録をしてもらえると嬉しいです

こちらからどうぞ

摂食障害とうつを克服するのに【こころと身体】どちらも改善した方がいい理由
ご視聴いただきありがとうございます。 私は10年以上摂食障害、うつ、引きこもりを経験しました。 現在は克服し、その体験談を発信しています。 この動画は音声のみで理解できるようになっています。 何か作業を行いながら聞いていただいても大丈夫です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ★ブログも運営しています 摂食...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました