【マタニティブルー対策】出産前の不安を解消!出産までに本当に必要な物、不要な物:マタニティ&ママ編

産後うつ

【マタニティブルー対策】出産前の不安を解消!出産までに必要な物、不要な物:マタニティ&ママ編

初めての妊娠は、楽しみな反面、わからないことだらけで不安も多いものです。

 

私は妊娠中、雑誌やインターネットにある【出産前に必要なものリスト】を見て

こんなにいろいろ必要なのか!と、

とても驚いた記憶があります。

 

ひとつひとつ見ていっても、

これが一体何に必要なのか、

これとこれはの違いは何なのか、

こんなにたくさん物が子育てに必要なのか…

私は子供を産んで育てられるのか…と

さまざまな不安があふれ出てきました。

 

特に、つわりのひどい方や、マタニティブルーの方などは、

出産準備そのものが苦痛になってしまいます。

 

そういった方が少しでも安心できるよう、

出産前に購入する必要のあるもの、

必要のないものを紹介していきたいと思います。

 

私の個人的な見解ではありますが

少しでも参考になれればうれしいです。

ほとんどの物は、必要になってからで大丈夫。

必要なもの、不要なものを紹介する前に

まず、伝えておきたいことがあります。

 

ほとんどの物は、

出産後や、必要になってからの購入で全然大丈夫です

 

それどころか、

実際赤ちゃんが生まれて生活するようになると

事前に買っておいたものが合わなくて

『あっちのタイプにしておけばよかったなぁ』と思う事や、

買ったは良いが全く使わなかったもの、

買っておいたものが合わなくて、新たに買いそろえたものなどもたくさんあるんです。

 

必需品以外は必要になった時に買った方が無駄がないと学びました。

 

そして、出産前に最低限そろえるものは

入院する病院が指定する、『入院準備品』程度です。

 

それ以外はそんなに焦って用意しなくても大丈夫です。

 

極論、Amazonプライム会員ならほとんどのものが翌日に届きますからね。

妊娠前にしておいた方が良いことをあえて言うとすれば

Amazonプライム会員になることです。

年間4900円かかりますが、事前にあれこれ買って無駄にするより安いです。

 

Amazonプライム会員になるかどうかは置いておいても、

全てを焦ってそろえる必要は全然ありません。

これからひとつひとつ、優先度を説明していきますので、

必要な物のみ購入してください。

出産前に、必要なもの、不要な物 【マタニティ&ママ編】

今回は、アカチャンホンポ出産準備リストにそってご紹介していきたいと思います。

アカチャンホンポ:出産準備リスト

マタニティ&ママ編

マタニティショーツ ★★★

産褥ショーツと呼ばれるもので、ほとんどの病院の入院準備リストに入っていると思います。

私の場合は帝王切開だったこと、病院で洗濯もできたので、3枚で十分でした。

また、妊娠中の大きなお腹でも履けるものがほとんどなので、

妊娠中から使用すると、わざわざマタニティショーツを買う必要もなく無駄がありません。

 

マタニティブラジャー ハーフトップ ★★★

これは出産後、母乳育児をするときに、すぐにおっぱいが出せる便利な下着です。

これも、病院の入院準備リストに入っていることが多いと思います。

どういったタイプを選ぶかは、好みや、価値観、性格で分かれます。

ブラジャータイプ

胸の形をきれいに保ちたい方、ブラジャーをすることに抵抗がない方はブラジャータイプが良いと思います。

ハーフトップ タンクトップ

ブラジャーは窮屈で苦手な方、とにかく楽なことが優先な方はハーフトップやタンクトップタイプが良いと思います。

 

ちなみに、私のおすすめは、タンクトップタイプです。
タンクトップタイプなら、その上に洋服を着るだけで過ごせるのでとても楽です。

妊婦帯(腹帯) ★

妊婦帯(腹帯)の主な目的は、冷えの防止と、腰の負担の軽減です。

妊婦さんと赤ちゃんを冷えから守るため妊婦帯妊婦帯・マタニティガードル)をつけて予防します。 妊娠中は、おなかに赤ちゃんを抱えているために骨盤に負担がかかり姿勢が変わってきます。 妊娠7ヶ月頃からはフリー妊婦帯をつけて腰への負担を減らします。

引用:エンゼルストア

私の場合、腰が少しでも楽になればとベルトタイプを購入しましたが、結果的にあまり使いませんでした。

 

その理由は、

・圧迫感や違和感を感じ、快適ではなかったこと、

・蒸れてお腹がかゆくなったこと、

・トイレの際わざわざはずすことが面倒になったこと

が主な原因です。

 

保温目的でしたら、タイツやスパッツ、腹巻で大丈夫だと思います。

 

腰痛改善のために購入するのでしたら、

固めのベルトタイプでしっかりとホールドするのか、

柔らかい布製のタイプで優しく支えるのか、自分の好みがどちらかを考えて購入して下さい。

 

また、妊娠中はトイレが近くなります。トイレのことも考えて検討してください。

パンツと一体型になっているものだと、いちいちはずす手間が省ける分、楽だと思います。



マルチケース(母子手帳ケース) ★

これは、わざわざ購入しなくても良いものだと思います。

 

母子手帳や診察券を入れておくもので、出産後も使うのですが、

専用のものである必要はないと思っています。

 

100円ショップの物を利用して使っている方もいます。

 

出産情報サイトでは、無料プレゼントも行っています。

 

私の場合、はじめは無料の母子手帳ケースをいただき、使用していたのですが、

ファスナータイプのものは自分に合わないと思ったので、簡単なブック型に変えました。

 

ファスナータイプが合わないと思った理由は、

赤ちゃんがいると、なかなか落ち着いて会計をすることが出来ず、ファスナーを閉めている余裕がないからです。

こういったことがわかったので、はじめに無料のものを試してよかったなと思いました。

 

 

マッサージクリーム ★

妊娠線予防のクリームなのですが、個人的にはそんなに必要ではないと感じました。

 

私はもともと、用途別にたくさんのものを揃えることが好きではないので、

出産後、赤ちゃんや、母乳育児で荒れた乳首にもマルチに使える、馬油を選びました。

 

妊娠線を絶対に作りたくない方は、それに特化したクリームを選ぶと良いと思いますが、

馬油を塗っていただけの私にも、妊娠線はありません。

 

サプリメント ★★

妊娠中、特に​不足してしまうのは葉酸と鉄​だそうです。

病院でも進められていたので、葉酸と鉄のサプリメントは飲んでいました。

ですが、サプリメントに関しては、お医者様に相談することが一番だと思います。

 

 

ちなみに、私が飲んでいたサプリメントです。

 

マルチクッション ★

これは、出産前にわざわざ購入しなくて良いものだと思います。

 

私は出産後、入院した病院で授乳クッションを使ったのですが

あまりうまく使うことができず、

結局、家に帰って使っていたのは、タオルケットや布団を丸めたものです。

 

実際に使用し、便利だと感じたら

入院中にネットで購入する方が、無駄がないように思います。

 

【注意】入院中に、病院で授乳クッションを貸してくれるかどうかはあらかじめ確認が必要です。

 

臨月に近づくと、寝苦しくなる方もいるのですが、その際快適に眠るために抱き枕を購入しようかと考えている方は

授乳クッション兼用タイプを購入すると便利かもしれません。

 

マタニティウェア ★★

妊娠初期に、お腹が大きくなることを考え、いくつか購入したのですが、

個人的に最低限で良かったなと思っています。

 

たとえば、マタニティタイツやスパッツがあると、手持ちのワンピースで間に合いました。

また、マタニティベルトがあると、手持ちのパンツも使えます。

 

もしも購入するのであれば、出産後も使える授乳可能なタイプが良いと思います。

これだと出産後も使えます。

 

マタニティパジャマ ★★★

マタニティパジャマは、入院準備リスト必需品だとおもいます。

 

私がお勧めなのは、日中着ていてもおかしくないデザインのものを選ぶことです。

出産後は慣れない育児と、出産後のダメージで疲れています。

少し外へ出るにも、わざわざ着替える必要がない方が楽です。

 

また、このタイプだとマタニティワンピとしても使えます。

わざわざマタニティウェアを購入する手間も減ります。

 

マタニティ系は、長く着られないので、

できるだけ1着で、たくさんの用途を満たすものを購入した方が便利です。

 

こういったデザインだと、このまま外に出てもあまりおかしくはありません。

極力物を増やしたくない方にはお勧めです。

マタニティタイツ・スパッツ ★★★

これは大活躍でした。

特にべんりなのはスパッツタイプで、これに普段のワンピースや、

上記のマタニティパジャマを合わせるだけでも

外出可能なスタイルになりました。

 

冷えの防止だけではなく、動きやすい事もあって、ほぼ毎日履いていました。

 

腹巻 ★

これは必需品ではないと思います。

妊婦帯やタイツ、スパッツがあれば代わりになります。

必要性を感じたときのみ購入をすれば良いと思います。

まとめ

繰り返しますが、ほとんどの物は、必要になってからの購入で全然大丈夫だと思います。

 

特に、ママのマタニティ&授乳服関連は、

入院時に必要なもの以外は、最低限で良いと考えています。

 

ママのマタニティ、授乳関連品は長く使えるものでもないですし、

生まれてから赤ちゃんに必要な物って本当に次から次へと出てくるんです。

 

極力、物を増やしたくない人間としては

できる限り、現在あるもので代用できること、

少しでも長く使用できること、

1つのものを様々な用途に活用できること

以上が選ぶ上でのポイントだと思っています。

 

すこしでも参考になればうれしいです。

 

次回はあかちゃんのお部屋着編です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました