過食やリバウンド地獄から抜け出すためには、カロリー信仰を捨てる事が大事

精神(メンタル)改善

過食やリバウンド地獄から抜け出すためには、カロリー信仰を捨てる事が大事

昔の私もそうでしたが

『痩せるためには、カロリーの低いものを食べなければ』と思いますよね。

もちろんそれは間違っていません。

 

でも、カロリーだけを考えていると

大事なことを見失い、過食やリバウンドを繰り返すようになります。

その結果、いつまでたっても痩せることが出来なくなってしまうんです。

 

カロリーを気にしなくても、ちゃんと痩せることはできるんです。

現にわたしは、カロリーなど気にしない食事をしていますが

ちゃんと適正体重をキープできています。

 

今回は、カロリー信仰の弊害についてお話します。

低カロリーな食品ばかり食べていると、満腹感が得られない

【カロリーの低いものを食べていれば痩せる】

この考えにとらわれていると

野菜だけ、こんにゃくだけ、炭水化物は抜く、といった食生活になりがちです。

また、過食をしてしまった後も、このような食生活になりがちですよね。

 

でも、人間って血糖値が下がることでお腹が空くようになっているんです。

野菜やこんにゃくなどの低カロリー食品では、血糖値はほとんど上がりません。

 

もちろん、低カロリー食品を沢山食べれば、お腹は膨らみます。

でも、その満腹感は一瞬じゃないですか?

少し時間がたてば、すぐにお腹が空いてきます。

これは血糖値が上がっていないからです。

 

血糖はエネルギー源として全身に利用されるので、

血糖値が低くなると、エネルギー不足で生命の危機を感じます。

車はガソリンがなければ走れませんよね?

あれと同じです。

 

その結果

空腹、冷や汗、不安、動悸、震えやあくびといった低血糖症状を起こします。

 

だから身体は、血糖値を上げるために糖分を求めるんです。

低カロリー食品ばかりの生活を続ければ続けるほど

身体は必死に糖分を求めるようになり、過食衝動が起きるようになるんです。

低カロリーの物だけ食べて痩せたとしても、リバウンドしやすい理由はここにあります。

 

糖質制限ダイエットも同様で

極端に炭水化物をカットすることで、甘いものや炭水化物を身体が求めようになり

過食を招き、リバウンドしてしまうんです。

 

以前話題になったライザップは糖質制限で短期的に痩せる手法をとっていました。

糖質制限を短期集中的に行えば、確かに痩せます。

でも、そのあとリバウンドをして元に戻るのでは意味がありません。

 

食事制限は、一生続けられる方法じゃなければ意味がないんです。

 

 

低エネルギーなものだけで痩せても、不健康になる

低エネルギーなものを食べ続けて痩せられたとしても、

健康的とは言えません。

 

タンパク質や油が不足しているので、髪や肌はパサパサです。

栄養不足で生理も止まってしまうかもしれません。

 

また、血糖値が常に低い状態なので、イライラしやすくなります。

低体温になり、代謝と免疫力が低下します。

その結果、風邪や病気にかかりやすくなってしまいます。

 

私の母は、長年のうつと拒食で、まともな食事を摂っていませんでした。

最終的には栄養失調で倒れ、

低栄養、低体温、低体重で、危篤状態になりました。

 

なんとか一命はとりとめましたが、その後も入退院をくりかえし、

現在うつと拒食は克服しましたが、

腰は曲がり、まっすぐに歩く事も出来ず

転ぶと骨折をしてしまう程、身体はボロボロになりました。

 

もちろん、若くはないので回復に時間がかかる部分もあると思います。

ですが、失った健康を取り戻すことは、かなり難しいことです。

 

痩せるために行ったことで健康まで害したら、きっと後悔するはずです。

そうなってから後悔するのでは遅いんです。

カロリーよりも内容が大事

大事なことは、カロリーよりも内容です。

 

例えば、外食をしたときに

ほんとうはハンバーグ定食が食べたいけど

ダイエット中だからとカロリーの低いうどんを選んだとします。

 

でも、これにはたくさんの落とし穴があります。

 

まず、うどんは消化が早いので、腹持ちが悪いです。

なのですぐにお腹が空いてしまいます。

次の食事まで持たずにお腹が空けば、

間食にお菓子を食べてしまったり、過食をしてしまうかもしれません。

 

また、うどんはほぼ炭水化物です。

炭水化物の単体摂取は

血糖値を急上昇させ、急降下したときに過食衝動を起こしやすくなります。

 

さらに、本来はハンバーグ定食が食べたいのに

低カロリーと言う理由でうどんを食べると、精神的な満足感が得られません。

そのため、デザートに甘いものを食べてしまったり

他の日に、ハンバーグが食べたいと過食してしまったりします。

 

ハンバーグ定食なら、サラダやスープがついています。

サラダ⇒スープ⇒ハンバーグ⇒ごはんorパンの順に食べる様にすれば

血糖値が緩やかに上がり、太りにくくなります。

 

そして、食べたいものを食べたことで、精神的な満足度が上がります。

油分やタンパク質を含んだハンバーグは腹持ちも良いので

次の食事まで過食をしないで過ごせる可能性も高くなります。

 

どんなに低カロリーな食事を摂っても、過食をしてしまえば意味がありません。

カロリーばかり気にしていると、ストレスが溜まる

痩せるためにカロリーばかり気にしていると、ストレスが溜まります。

 

例えば、痩せるために運動をしようとすれば

消費カロリーの高い水泳やジョギングをした方が効果的だと思いますよね。

 

でも、消費エネルギーが高いだけに、ハードな運動です。

疲れるし、それが義務になってしまうとストレスがたまります。

 

ストレスがたまると食欲が刺激されるので過食衝動が起きやすくなります。

 

消費カロリーより、摂取カロリーをオーバーする方が簡単ですよね。

いくら運動を頑張っても、少し食べ過ぎれば簡単に運動分オーバーします。

 

それなら、消費エネルギーが低くても

ストレッチやヨガなどの、疲れが取れてリラックスできる運動や

自分の好きな運動をした方が総合的にみると効果的なんです。

 

身体にとって心地よい運動を続けていくと、日々の疲れやストレスも解消され

結果的に食事量を減らすことが出来ます。

 

また、カロリーばかり気にしていると、好きな物が食べられなくなってしまいます。

好きなものを我慢したストレスで過食をするなんて悲しいですよね。

なので、ストレスがたまらない方法を見つけていく方が、結果的に痩せられるんです。

 

 

まとめ

カロリーが低ければ確かに痩せることはできます。

でも、一時的に痩せても意味がないですよね。

リバウンドをするのなら、その方法はあなたに合っていないという事になります。

 

カロリーはあくまで目安です。

カロリーだけに固執せず、自分に合う方法を見つけて下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました